いざ考えるとよく知らない雨量計とは

雨量計という言葉を耳にすることは、日常生活の中であまり無いと言えます。雨量計はその名の通り、雨量を量る計器のことです。天気予報などで、降水量というワードを耳にすることがあります。この降水量を量ることができるのが、雨量計です。雨量計は、受水器と言われている漏斗状のものが雨を器具の中に誘導していきます。その誘導された雨水の量を計量することによって、降水量を測定することができます。また雨量計は、電熱線などのヒーターが内蔵されているものであれば、積雪量なども量ることができるとても便利な危機と言えます。通常の地域でも、寒冷地でも活躍することができる器具です。雨量計の種類には大きく2種類のものがあります。貯水型雨量計と、転倒ます型雨量計です。それぞれ使う場所によって、器具を選びます。

雨量計には2種類の器具がありそれぞれ場所によって選べます。

貯水型雨量計と転倒ます型雨量計、どちらが一般的かと言えば、貯水型雨量計と言えます。貯水型雨量計は、貯水する部分に集まった雨水の量で降水量を量ることができます。転倒ます型の雨量計は、転倒ますという器具がついた雨量計になります。転倒ますは、雨水が一定の量貯まるとししおどしのようにますが転倒し、その下にあるますに移るようになるわけです。それを繰り返し行なうことによって、ますが何回転倒したかで雨量を量る仕組みになっています。この転倒ますは、数をカウントするタイプですので、貯水型の雨量計とは違い長時間放置していても問題ないものです。よって、長時間雨量を量りたいときや、遠い場所でのモニター作業でよく用いられる雨量計となっています。ここ最近で言えば、新しくレーダーを用いた雨量計も開発されています。

雨量計は天気予報以外にも活用法があります。

雨量計は、天気予報での降水量を量るという目的以外にも多くの場所で活用されています。さまざまな用途がある中で最も重点を置いて使用されているのが、防災気象というものです。ここ数年、日本の気候は大きく変化をしてきました。豪雨による河川の氾濫や、都市機能が麻痺するような集中豪雨などです。この雨で受ける被害は、死者を出すほどに甚大なものとなっています。そういった災害による被害を未然に防ぐため、たとえ災害が起きたとしても被害を最小限に食い止めるために雨量計というのは活用されるわけです。雨量計で雨量を測定することによって、常にシステムを利用して監視することができます。雨量がある一定の量に到達すると河川の氾濫や災害が起こる可能性が高くなるため、緊急速報などを出すことができるようになります。これらを事前に通達することによって、被害を少なくすることができます。

世の中で騒がれている異常気象、地球温暖化に対して、今後の地球をどのように守っていくかが課題と考えています。 温湿度センサーとは温度を計測する温度センサーと湿度を計測する湿度センサーのどちらの機能も備えているセンサーです。 当社は、気象・環境・エネルギー計測を通して、地球保護に貢献したいと考えている会社です。 雨量計をお探しの方はここフィールドプロが提供します