これであなたも雨量計の専門家になれる

雨量計という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、どのようなものなのか、実際に見たことがある人は少ないのではないでしょうか。雨量計とは、その名前の通り雨の量を計る機械です。直系20cmのじょうごの形をした受水器を機器内に置き、その量を計る事で降水量を測定します。日本は北と南で、気候が大きく変わります。特に厳しい寒さの寒冷地では機器が凍ったりしないような対策がとられています。雨が降る部分に電熱線や加熱油などを用いたヒーターを備え、雪が降っている場合でも測ることができます。雨量計は、大雨や台風の時に、ニュースなどで耳にする機会が多いと思いますが、一般の人が実際に使う機会はないでしょう。ここでは、雨量計の種類や特徴、そして雨量計を使っての雨量の計り方などを解説いたします。

雨量計にはどんな種類があるのでしょう

雨量計には、貯水型雨量計と転倒ます型式雨量計があります。貯水型雨量計は、集まった雨を目盛のついた雨量ますという容器に貯め、目視で観測する方法の物です。貯水型には貯水型指示と貯水型自記という二種類があり、貯水型指示は雨量を正確に計測する為に人が必要になるという欠点があります。貯水型自記は人を要する事なく長時間計測ができるという良さがあります。転倒ます型式雨量計は、一方のますに一定量の雨が溜まると、その重みによってししおどしのようにシーソーが傾き、もう片方のますに注ぎ込まれます。この1時間あたりの転倒回数を数える事で雨量が測られる方法です。シーソーの傾きの階数のカウントは自動で行えるような機能がついているため、長期間においての観測や遠隔地からの調査が人を要することなく行う事ができます。そのため日本では、この転倒ます型式雨量計が気象庁や河川事務所といった公的機関においては主流となっています。

雨量計はどこで買えるのでしょう

一般の人にとって雨量計は必要ないものかもしれませんが、雨の量が重要になる工事現場や災害対策として市役所や消防署などには必要なものとなっています。特に近年は雨の影響による土砂災害なども増えていますので、雨量計を設ける事で避難指示の基準にしたりしています。雨量計の価格とはどのくらいなのでしょうか。雨量計の料金は70,000円から250,000円までと幅広く、気象庁の検定があるものですと、更に高くなります。実店舗で雨量計を取り扱っているお店はほとんどなく、雨量計の生産会社のホームページなどネットで購入するのが一般的です。雨量計は普段の生活には必要ないものですが、人の命を守る為にも大変重要なものです。購入する際には実際に見る機会が少ない分、ネットで実際に購入して使った方の口コミを参考にして、信頼できるサイトから購入しましょう。