意外に面白い雨量計のことを詳しく解説

雨の量を量るための機械として、雨量計というものがあるのですが、日常生活で見たり使ったりしたことのある人は、とても少ないことでしょう。そのために、使用方法や基本的な仕組みなどは知らないという人がほとんどです。一般的には使用されていませんが、けれども天気予報などの気象観測では、この機械を使って観測を行うので、間接的には私達の生活にも大きく役立っている機械なのです。一般には、漏斗(ろうと)状の受水器が設けられていて、そこで雨を受けて地中にある貯水瓶に蓄えて、その水の量を計っていく仕組みの形式のものが多く用いられていて、これらは貯水型雨量計と呼ばれます。その他には、転倒ます型雨量計というものがあり、ますの転倒回数を計って降水量の指針となる仕組みの形式のものがあります。

雨量計にはさまざまな仕組みの物があります

転倒ます型雨量計の方は、内径が20cmほどの受水口をもった円筒形の受水器の中に、三角形のますが左右に2個取り付けられた転倒ますと、パルス発生スイッチが取り付けられています。ますは降水量が0.5mmになると反対方向へと転倒して、雨水を排出します。この転倒がパルスとなって発生して、起こった回数を計測することで、降水量を測定する仕組みとなっています。転倒するますの種類も0.5ミリの物と1ミリの物があります。1ミリの転倒ますの場合は5回転倒すれば5ミリというように、回転数に応じて測定を進めていくことになります。最近では強い雨が多いので、1ミリの方の転倒ますを用いることが多くなっています。現在ではどんどん技術が発達してきて、気象関連の企業や気象庁などではレーダーを用いて雨量を観測するタイプも出てきています。

雨量計を使った観測では継続してデータを取ることが重要です

雨量計を使う時には、ふつうは長い時間据え置くために、全天候型の強い材質で頑丈に作られている市販の物が望ましいでしょう。測定をより正確にするために、毎日決まった時間に計測したり、24時間ごとに記録する必要もあるでしょう。雨量計による観測は、継続した記録が必要な地道な作業でもあるのです。観測の欠落もなるべくさけなければなりませんので、継続して計る人手の手配も必要です。雨量計による機械による計測と、人の手による地道な作業が合わさって、初めて信頼のおける雨量の計測へと近づいていくのです。私達の日常や農業やその他の経済にも時として深く関わっている雨量は、このような計器と人の手によって計られて、気象庁や自治体などを通じて私達にも情報が伝えられるということは知っておきましょう。