横浜で行う賃貸物件の不動産投資

不動産投資の中でも、賃貸物件は長く続けることで長期的な利益を出すものといえます。数年で売却するオーナーは少なく、良い管理を行いながら、安定した投資を行いたいという人に向いた投資です。オーナーの多くは、本業としての仕事があり、副業として不動産投資を行うことが多いです。
誰でも少しでも条件が良く、価格が安い不動産を購入したいと考えます。その不動産を貸して、毎月の賃料で収入を得ることになります。人気のある物件は入居率が高いので、購入の際にはまず条件、特に立地を厳選する必要があります。購入したい物件は、学校や職場から近いとか駅から近いなどの、いくつかのポイントを押さえているでしょうか。横浜から東京に仕事や学校で通う人が、借りやすい物件でしょうか。日当たりが良いかどうか、物件が新しいなら使い勝手は良いかどうか、実際に目で見て確認します。中古なら、経年劣化はどの程度か、修繕にかかる費用も計算しておきます。

貸し出してからの主な仕事

横浜で不動産のオーナーになったら、入居者を募集し、家賃を決め実際にマンションを貸し出すことになります。オーナーが個人的に管理できる程度の物件もありますが大きな物件になるとその分管理も大変になります。入居者の書類を審査したり、家賃滞納の際に連絡してきちんと支払ってもらう、など細かい管理の仕事もあります。ほとんどの場合、仲介の管理会社に委託することになります。
オーナーが物件の近くに住んでいるとは限りません。その場合、定期的に巡回して清掃するとか、修繕が必要な個所の見積もりをとって検討するということも、管理会社の仕事になります。また、入居者の都合で、引っ越ししたり、契約満了により引っ越すこともありますが、その際には敷金を返却し、部屋の清掃を行い、修繕箇所をチェックします。同時に広告を出し、入居者を募集することも行っていく必要があります。

管理会社に求められること

物件を貸し出したら投資は成功、というわけではありません。そこで暮らす入居者が快適に住めるよう、引き続き管理の仕事があります。マンションが大きく管理が複雑になるとき、オーナーが仕事をしていて、兼任のため時間が取れないときなどは、不動産を管理してくれる会社に依頼することになります。経年劣化による修繕についても、壊れてから考えるのではなく、事前に計画し、資金を用意しておく必要があります。求められるさまざまな細かい仕事を、オーナー目線で行える管理業者を選ぶことが重要です。

ピックアップ記事

横浜で行う不動産投資の利回り

不動産投資を行う人にとって、利回りは特に考慮しなければならない項目です。利回りとは、投資した金額に対して、どれだけ利益を得ているかを示す数字です。当然物件が安く手に入り、高く貸すことができるなら、利回...

管理会社を正しく選ぶべき、横浜の不動産投資

不動産投資を行う際、考えなければならないのは、仲介業者としての管理会社です。仲介業者というと、物件を売ったり購入したりする際の仲介会社、というイメージがあるかもしれません。売ったらそれで終わり、という...

不動産売買を横浜で行う

不動産売買とは、事故所有しているビル、アパート、建築物などの物件を高く売ることです。購入した金額より高い金額で手放すことにより、売却利益が生じます。所有している物件の状態によって、価格は大きく異なりま...

横浜で行う賃貸物件の不動産投資

不動産投資の中でも、賃貸物件は長く続けることで長期的な利益を出すものといえます。数年で売却するオーナーは少なく、良い管理を行いながら、安定した投資を行いたいという人に向いた投資です。オーナーの多くは、...


コンテンツ

カテゴリー