横浜で行う不動産投資の利回り

不動産投資を行う人にとって、利回りは特に考慮しなければならない項目です。利回りとは、投資した金額に対して、どれだけ利益を得ているかを示す数字です。当然物件が安く手に入り、高く貸すことができるなら、利回りは大きくなります。
利回りには、実質利回りと表面利回りがあります。表面利回りは、家賃収入から物件価格を引いた価格です。単純にいくらで貸して、いくらで購入したかを考えると、すぐ出てくる価格です。一方、実質利回りはそこから経費を引いた価格です。不動産投資には経費がかかります。不動産会社への仲介手数料、不動産を維持管理するための経費などです。実際にオーナーが使える金額も見えてくるため、実質利回りは、オーナーにとって現実的な、本当の利回りということになります。

横浜が特に有利なのは

利回りが良い不動産を所有したい、というのは誰もが抱く希望です。良い時期を逃さす安く購入し、少しでも高く貸すなら、利回りが良くなります。利回りの良い、効率の良い場所はどこなのでしょうか。
利回りをよくするには、空き室がなるべくできない場所、都市人口が多く、いつも満室になるような場所が理想です。常に部屋を貸しているなら収入が安定し、安定した利回りにつながるからです。都市人口が最も多いのは、都心の物件ですが、高騰していく傾向があるため、利回りは低いといえるかもしれません。多くの人が東京やそこに近い地域で就職しています。
都内でマンションを探すことが難しい場合や経済的余裕がない場合、多くの人はそこに近い地域、具体的には横浜や川崎などの物件を検討します。不動産業界でも、横浜や川崎などは空室になるリスクが少なく、同時に利回りが高いため、オススメの地域だといわれています。

利回り以外のチェックポイント

利回り以外で大切なのは、入居率です。入居率が高いということは、どんな状態でも安定して収入がある状態のことなので、優良物件といえます。マンションとしても、住みたいという顧客のニーズに合っているため、退去者が出てもすぐに、次の入居者が決まるという良い循環が期待できます。利回りが多少低くても、長期的にみると利益がでる物件です。良い不動産は、自分も住みたい、と思える物件なので、購入前に良い物件かどうかよくチェックすることも大切です。
目先の利益に惑わされないように、立地などを含めて慎重に考慮する必要があります。

ピックアップ記事

横浜で行う不動産投資の利回り

不動産投資を行う人にとって、利回りは特に考慮しなければならない項目です。利回りとは、投資した金額に対して、どれだけ利益を得ているかを示す数字です。当然物件が安く手に入り、高く貸すことができるなら、利回...

管理会社を正しく選ぶべき、横浜の不動産投資

不動産投資を行う際、考えなければならないのは、仲介業者としての管理会社です。仲介業者というと、物件を売ったり購入したりする際の仲介会社、というイメージがあるかもしれません。売ったらそれで終わり、という...

不動産売買を横浜で行う

不動産売買とは、事故所有しているビル、アパート、建築物などの物件を高く売ることです。購入した金額より高い金額で手放すことにより、売却利益が生じます。所有している物件の状態によって、価格は大きく異なりま...

横浜で行う賃貸物件の不動産投資

不動産投資の中でも、賃貸物件は長く続けることで長期的な利益を出すものといえます。数年で売却するオーナーは少なく、良い管理を行いながら、安定した投資を行いたいという人に向いた投資です。オーナーの多くは、...


コンテンツ

カテゴリー